部活紹介:文化部

食物研究同好会

目標:普段、家では作らないような料理を部活で作り、家庭でその料理を披露する。また、楽しく、様々なジャンルの料理に挑戦する。
部長:海老名 有沙
顧問:望月 文枝、萩原 千香子
部員数:
 高校3年    8名
 高校2年   15名
 高校1年    4名
 中等部1年   4名
最近の主な実績
・『おださがフェスタ、おださが焼き決定戦』第1位・優勝
・東海大学代々木キャンパス建学祭 模擬店出展

紹介文

食物研究同好会は、中等部が4人、高1が4人、高2が15人、高3が8人の計31名で活動しています。学年の壁を越えて、楽しく様々なジャンルの料理に挑戦しています。料理が好きな人、食べるのが好きな人、大歓迎です!勉強との両立もできるので、ぜひ食物研究同好会に入ってください。

Q&A

Q.部長が食物研究同好会を選んだ理由は何ですか?
A.私は料理に興味があり、食べることも好きで、体験の時に先輩方もとても優しいので選びました。全体の雰囲気も良く、活動日も週1回と少ないので、勉強との両立も出来ています。

Q.どんなところにやりがいや楽しさを感じますか?
A.部活では、普段、家では作らないような凝った料理をつくることが多く、完成した料理が上手くできたときに楽しさを感じます。

Q.勉強との両立は難しいですか?
A.難しくないです。活動日が週1日なので、しっかりと勉強する時間を作ることができます。

Q.これまでで一番の思い出は何ですか?
A.小田急相模原駅で開催された『おださがフェスタ』に出展したことです。『おださがフェスタ』では、「おださが焼き」と呼ばれる地元料理を東海大学の観光学部の方々と考え、「ピカタ風おださが焼き」を600本売り切りました。

Q.これまでの部活動で大変だったことは何ですか?
A.特にありません。

Q.新入生にひと言!
A.どの学年も皆、仲が良く、楽しく活動しています。しっかりした食事からお菓子まで、様々なジャンルの料理に挑戦しているので、ぜひ、入部してください。