部活紹介:文化部

鉄道研究同好会

目標:鉄道や鉄道模型の魅力を皆さんに伝える・建学祭での展示を成功させる・将来、部員をたくさん集め、高校鉄道模型ジオラマコンテストに出場すること
部長:平山 武尚
顧問:加藤 利彦
部員数:
1年 2人
2年 1人
3年 2人
中等部:2名

紹介文

鉄道研究同好会の主な活動は、先輩代々受け継がれているジオラマの改修・グレードアップ、鉄道模型・レールのメンテナンス、話題の路線について話したりしています。
鉄道研究同好会では部員同士、仲良く楽しく活動しています!
また、他の部活と兼部することもできます!

Q&A

Q.部長が鉄道同好会を選んだ理由は何ですか?
A.この部活に入って鉄道や鉄道模型について学び、その素晴らしさや魅力などを皆さんに伝えていきたいと思ったからです。

Q.どんなところにやりがいや楽しさを感じますか?
A.ジオラマの改修がうまくできたとき、建学祭で鉄道研究同好会の展示にたくさんのお客さんに来てもらったことです!

Q.勉強との両立は難しいですか?
A.基本的に週1~2回の部活なので勉強との両立は簡単です。
また、テスト1週間前からは活動がありませんので、テスト勉強に集中することができます。

Q.これまでで一番の思い出は何ですか?
A.建学祭で帽子を被り、駅員さんになりきりながらお客さんと接したことと、模型に室内灯を取り付け、夜を走る電車を再現した時のお客さんや私たちが共に感銘の声をあげたことです!

Q.これまでの部活動で大変だったことは何ですか?
A.建学祭の準備と片付けに行うジオラマの運搬作業、建学祭当日のレール通電不良や模型の動作不良の対応やマニアックな方の質問対応など

Q.新入生にひと言!
A.鉄道研究同好会では将来の発展のため、部員で協力しながら活動しています!
また、新入生の皆さん!通学で電車に乗る時間を退屈な時間ではなく、趣味の時間にしてみてはいかがですか?いつもと違った視点で楽しく通学ができますよ!