ニュース

ハワイ研修報告 ~現地より速報~





ハワイ研修初日(3月16日)
参加生徒58名が元気よく相模中等部に集合し、常夏の島ハワイへ出発しました。
21時に成田空港を出発し、同日(16日)朝の8時30分にホノルル空港に到着。同じ日をもう一度やり直すなんて貴重な体験をしました。時差ボケが強いため、東海大学パシフィックセンター(以後TUPC)の近隣を散歩し現地時間に体を順応させました。午後には開講式が開かれ、いよいよ本格的な研修がHulaの授業から始まりました。

2日目(17日)
午前中にはスピーチ、英会話、アメリカ・ハワイの文化について3時間の講義があり、現地の教員の授業に緊張しながら臨んでいました。
午後には、Punahou School(オバマ大統領の出身校)を訪問し、日本語を勉強している高校生と一緒に授業を受け、さまざまな意見を英語と日本語で交わしていました。食堂横にはオバマ大統領のサインもあり、またハワイの学校の雰囲気に直に触れ刺激の多い一日でした。

3日目(18日)
午前中の3時間の講義にもだいぶ積極的に参加できる生徒が増えていきました。常に辞書を片手に必死になって話を理解しようとしたり、思いを伝えようと努力をしています。
午後は、Hawaii's Plantation Villageを訪れ、ハワイの移民についてと文化について説明を聞き、先人たちの苦労と努力について知ることができました。

28日
プロジェクトの発表も無事終わり、Fulaの発表会も無事に終わりました。修了式ではみんな修了証をもらいました。無事に帰国したいと思います。