国語
夏季セミナーでは、大学の先生方による講義、一次作品講評、バラキ湖畔での吟行と句会、演劇のワークショップなどが行われます。現地で二次審査応募作品を創作します。

数学
数学的センスを延ばし、数学に対する興味を深めることを目標に、プロジェクト学習や学年別ゼミナールを行っていきます。数学者の秋山仁先生による特別授業も行われます。

理科
自然あふれる嬬恋の地で、物理・化学・生物・地学それぞれの分野に関する実習に取り組みます。野外での観察や湖でボートに乗った測定等、多彩なプログラムを体験・経験しながら科学に対する理解を育みます。

英語
語学力の向上にとどまらず、英語でのディスカッションやレポート作成、発表などを通じ、相手に伝える力、意見を理解し交換する力を養うことを目的としています。

ディベート
情報収集・問題分析能力、コミュニケーション能力を高めることを目的としています。ディベートの基本やルールを講義形式で学び、情報収集などの準備を経て試合を行います。

芸術(造形部門)
大自然の中で、絵画・デザイン・共同制作(オブジェ)にチャレンジします。その中で感性と美意識を磨き、創造することの楽しさを体験します。

芸術(音楽部門)
音楽は開催時期・場所ともに、ほかの部門とは異なる独自のコンクール形式を採用。東京交響楽団から審査員を招くとともに、公開レッスンやアンサンブルの実習を行うなど、大変充実した内容になっています。

スポーツ大会
昨年第44回を迎えた伝統ある部門で、個人・団体での成績、学校ごとの総合成績を競い合います。他の付属高校の生徒たちとの交流は、大学進学後も大きな財産となっています。
(種目 9競技16種目)
柔道・剣道・ソフトテニス・卓球・バレーボール・バスケットボール・サッカー・バドミントン・陸上競技

知的財産
生活の中で不便に感じていることを解消し、暮らしを豊かにするアイデアをテーマとした発明書を作り、プレゼンテーションを行います。昨年度は相模高校の生徒からすばらしい作品が出て、優秀賞を取りました。