高等学校のご案内

放送部

写真をクリックすると上部に拡大画像が表示されます。

目標:大会でより良い結果を残す。校内の放送活動をスムーズに行う。
顧問:高牟礼 史朗
部長:白岩 ちひろ
部員数:
 2年:男子2人
 3年:女子4人

最近の主な実績

  • 2015年度 NHK杯全国放送コンテスト神奈川県大会
    創作ラジオドラマ部門2位

  • 2015年度 NHK杯全国高校放送コンテスト
    全国大会出場

  • 2016年度 アンデパンダン大会(神奈川県)
    放送劇部門3位

紹介文

放送部はお昼の校内放送や体育祭での実況、建学祭でのDJのほかに、アナウンスや朗読、ドラマ制作の腕を競う大会に出場しています。声で表現することが好きな人、ドラマを作ってみたい人は是非お越しください。

よくある質問

Q.部長が放送部を選んだ理由は何ですか?

A.中学生の時から先輩方にお話を伺っていて興味を持っていたからです。仮入部をして、過去のドラマ作品を見たり、発声練習をやっていくうちにこの部活なら将来の夢のために必要な力を身に付けることが出来ると思い入部しました。

Q.どんなところにやりがいや楽しさを感じますか?

A.同学年の友人と協力して作った作品が良い賞をいただけた時。校内放送でみんなが盛り上がってくれたとき。

Q.勉強との両立は難しいですか?

A.テスト前はお休みになるので、それほど難しくはありません。

Q.これまでで一番の思い出は何ですか?

A.何度も何度も相談しあい作り直したラジオドラマが神奈川県内で2位を取り、5年ぶりの全国大会へ出場できたことです。

Q.これまでの部活動で大変だったことは何ですか?

A.秋は大会、体育祭、建学祭があるので毎年大変ですが、部内の仲は深まります。

Q.新入生にひと言!

A.一見難しそうな部活にみえると思いますが、全然そんなことはありません。今の部員も、皆放送関連初心者から始めました。音楽を聴くのが好き・アナウンスや朗読に興味がある・DJをしてみたい・ドラマに出演してみたいor 制作してみたい!等、少しでも興味を持って下さったら、是非、見学に来てください!