部活紹介:文化部

囲碁・将棋部

目標:全国大会出場、県大会上位進出
部長:本田光毅
監督:木村彰亨
顧問:木村彰亨
部員数:17人
最近の主な実績
・女子団体全国大会出場

紹介文

私達囲碁将棋部は中等部と高校合同で活動しています。とても賑やかで楽しい部活動です。実績は年々上がってきていて、今では女子が団体で全国大会に出場し、男子は個人戦で2人がA級に参加しています。

Q&A

Q.部長が囲碁・将棋同好会を選んだ理由は何ですか?
A.将棋の美しさに魅せられたからです。ころころと表情を変える局面やお互い組み合う陣形の美しさに心奪われました。

Q.どんなところにやりがいや楽しさを感じますか?
A.指し手の幅広さです。将棋には1つの局面にだいたい3つぐらいの候補手がありますが、それを考えると1つの局面で考える手数は3100という膨大な数です。その奥深さにやりがいを感じます。

Q.勉強との両立は難しいですか?
A.そこまで難しくありません。勉強も将棋も同じ頭を使うものなので、共通点も多いです。ただ頭にかかる負担は大きいです。

Q.これまでで一番の思い出は何ですか?
A.2016年度の団体戦です。先輩や仲間と共に戦うのは将棋という個人で戦う競技では珍しく、新鮮に感じました。惜しくも1回戦で負けてしまいましたが、充実した時間でした。

Q.これまでの部活動で大変だったことは何ですか?
A.夏場の練習です。夏のクーラーの効いていない部屋で将棋を指し続けて熱中症になりかけました。

Q.新入生にひと言!
A.とても楽しい部活です。高校や中学3年間を充実させるには最適の部活です。是非来てください。