ニュース

第48期生徒会中央執行委員会誕生!


任命・退任式


新生徒会


旧生徒会長


新生徒会長

11月9日(月)に行われました第48期生徒会中央執行委員会、役員選挙の結果、以下の候補者が当選を果たし、新生徒会中央執行委員となりました。この結果を受けて、11月16日(月)、新旧生徒会中央執行委員の任命・退任式が行われました。

また、PTAより本年度文化祭活動時の収益金を生徒会にご恵贈して頂きました。

第48期生徒会中央執行委員会

  会長 :川崎諒太君
  副会長 :花北翔太君・長濱真衣子さん
  書記 :吉川晃君
  会計 :山後宏伸君・竹中のぞみさん

また、11月13日(金)に行われました学級委員会の結果、2名の会計監査が承認されました。

  会計監査 :青木友里さん・宮崎裕君

<退任式より、第47期生徒会会長・笠原大瑚君の挨拶>

みなさんこんにちは、第47期生徒会会長の笠原大瑚です。

今日が私達の一年間の締めくくりである任退命式という事で、この日を無事に迎えられることが出来、正直ほっとしています。一年間やって来られたのも、皆さんの支えあっての事だったと思います。また、同時に48期のスタートに大きな責任を感じています。

私は、昨年の46期で会計監査を、そして2年目から生徒会長を務めさせて頂きました。生徒会長になってからの一年間はまさに自らの修行とも言えるもので、つらい事や苦しい事などたくさんありました。ですが、そのつらさを経験した事で、自分の失敗に気付き、また一つ自分を高めていく事が出来ました。また、一人分の力の小ささを知り、助け合える仲間と共に、皆で行う事で初めて物事を進められると知りました。

会長としてみなさんと接し、数々の貴重な体験を与えてくれたこの一年間はとてもかけがえの無い、大切な時間だったと思います。

今年の活動は自分たちの不注意から問題が多く発生し、みなさんに大変なご迷惑をお掛けしたのがなにより心残りでなりません。しかし、そんな状況でも実行委員をはじめ、たくさんの先生方の協力でなんとか1年を終えることが出来ました。

また、私と同じく2年間頑張ってくれた斉藤君、常田さん、今年1年間一緒に活動してきた47期メンバー、どうもありがとうございました。

次の48期は今、檀上にいるメンバーのうち一人が継続で活動していくわけですが、次期もきっと生徒会の力だけでは行事を運営していくことは出来ません。私も自分の卒業まで後輩の指導を頑張りますので、生徒会メンバーが困っていたりした時は、ぜひ協力をよろしくお願いします。ありがとうございました。

<任命式より、第48期生徒会会長・川崎諒太君の挨拶>

今回、第48期生徒会長に任命されました2年の川崎諒太です。

今、私は「自分が生徒会を引っ張っていくんだ」という不安と、「これからこのメンバーと共に皆さんが楽しく過ごせる高校生活を築いていくんだ」という期待の両方の気持ちを持っています。そして、このような2つの矛盾した気持ちは他の7人のメンバーも同様に持っていると思います。プラス思考の気持ちを持っているのはいいことだと思いますが、マイナス思考の気持ちを持っていることはあまりよくありません。それだけでどんな物事も悪いように見えてしまいます。しかし、「不安」という気持を消すことは、とても簡単です。最も必要なのは「成功」した時の「喜び」だと思います。より多くの「成功」を経験する事が、その次の「不安」を弱め、小さくする事につながります。「成功」とは生徒の皆さんや来校された方が、その行事を楽しむということです。

私達は生徒の代表である生徒会中央執行委員になり、これから様々な行事において企画、準備、運営をしていく立場になりましたが、全ての行事は、私達の力だけで出来るものではありません。生徒の皆さんと共に企画し、共に準備し、共に運営して行かなければ、どの行事も成功させることは難しいと思います。行事、そして高校生活は皆さんと共に作っていくのです。皆さん、ご協力よろしくお願いします。