ニュース

高校野球報告:夏の甲子園40年ぶりベスト4進出!

8月19日(木)、第92回全国高等学校野球選手権大会第13日第一試合、本校野球部が熊本県代表の九州学院と対戦しました。

試合は10対3で見事勝利しました。

この日も先発は一二三投手。九州学院の強打線を「打たせて取る」投球で封じました。
打線は、1回先頭渡辺選手のライト前ヒットから先制点をあげて絶好調。さらに、3回大城(卓)選手の犠牲フライで追加点、5回に2点、8回には染谷選手のタイムリーヒットなどで差をひろげました。
「全員野球」というモットーのもと、安定した守備、強気の打線で相手の反撃を抑えました。

本校はこれにより準決勝に進出。夏の甲子園では1970年の第52回大会以来40年ぶりとなるベスト4進出です。
準決勝は大会第14日の8月20日(金)第二試合、対戦相手は千葉県代表の成田高校です。

準々決勝では猛暑の中、保護者・卒業生の皆さん、在校生のほか、たくさんの方々にご声援いただきました。
ありがとうございました。
今後とも、甲子園での本校野球部の躍進にご期待下さい。

◆応援について◆
準決勝の応援に参加する本校高校1年生の生徒は、本日8月19日(木)夜8時までに学校に集合してください。
学校帰着は8月21日(土)早朝の予定です。
初戦の応援に参加した生徒は、配布された帽子を持参してください。
なお、猛暑が予想されるので、熱中症対策は万全に整えてください。