ニュース

「読書感想文・感想画」で鈴木さん・木下さんが最優秀賞受賞!

「第57回青少年読書感想文コンクール」・「第23回読書感想画中央コンクール」の神奈川県表彰式(ともに県学校図書館協議会主催)が2月13日(月)、川崎市教育文化会館において行われました。県内の応募総数は感想文が約11万7000点、読書画が約7万4000点で、県表彰では知事賞など計75人が入賞し、4校が感想画の学校賞を受賞しました。

本校からは次の7名が入賞し、あわせて学校賞も受賞しました。

「第57回青少年読書感想文コンクール」
・最優秀賞(県知事賞)
 鈴木はるなさん(3年) 題:「生」の答え
「今まで3年間連続で入賞してきましたが、最後に最優秀賞がとれて本当にうれしいです。佐藤貴亮先生をはじめ多くの先生方にご指導頂き、校正を重ね何度も考えてようやく完成した作品です。テーマはナチスからの迫害を逃れる家族の「生」について述べたものです。難しい課題でしたがとても勉強になりました。」

・優良賞(神奈川県学校図書館協議会長賞)
 濱野智矢君(2年) 題:「ドラゴンラージャ」を読んで

.「第23回読書感想画中央コンクール」
・最優秀賞(神奈川県知事賞)
 木下咲月さん(1年) 題:「きつねのはなし」
「今回読書感想画コンクールにおいて、最優秀賞という素敵な賞を頂けてとても嬉しいです。今回の絵は読書をしてその内容や感じたことを絵にするというもので、私的にとても自由に楽しく描くことができました。次の作品も自由で自分らしい絵で入選できたらと思います。」

・優秀賞(神奈川県教育長賞)
 北河里菜さん(2年) 題:「僕の記憶」
・佳作賞
 大塚麻乃さん(1年) 題:「故郷へ」
 後田美香さん(2年) 題:「灯火」
 永井結子さん(2年) 題:「祭のあと」
・学校賞(高校の部)


<写真:読書感想画で入賞した美術部の5名です。>