ニュース

NZノースコート高校の校長先生が来校されました

2000年から実施しているNZ中期留学プログラムでは、毎年、現地の公立高校であるノースコート高校で学んでいます。2014年5月23日(金)にノースコート高校の校長(Vicki Barrie先生)と留学担当のCatherine Smith先生が来日され、本校を見学しました。

Barrie校長先生は「14年間ホームステイを含めた留学プログラムが続いていることは大変喜ばしいことで、相模高校の生徒が毎年真剣に勉学に励んでいるからこそプログラムが続けていける。これからも交流を深めていきたい」と述べられました。

また、英会話部の生徒との懇談会が行われ、NZの文化について生徒からの質問に答えていただきました。