ニュース

高校1年生現代文明論公開授業

1月29日(木)に高校1年生の現代文明論公開授業が行われました。本校の開校以来実施してきた「現代文明論」は、環境・生命・人権・倫理・知的財産教育など幅広い視野に立ち、人生いかに生きるべきかという、建学の精神に則した学習内容で、「総合的な学習の時間」の先取りとも言えるものです。1学年のクラス担任がそれぞれ独自に手法で授業を行い、中高の全教員が見学しました。その後、合評会が行われ、相模高校における「高校現代文明論」の推進と定着をテーマに活発な意見交換が行われました。

◆今年度のクラス別テーマ
1組:「地球温暖化」問題
2組:他者を励ます
3組:人生いかに生きるべきか
4組:言葉の力
5組:「ドラゴン桜」から学ぶ「勉強」の大切さ
6組:「安全」
7組:夢を実現させるために必要なこと
8組:「ルーツを探そう」~いろいろな“食”のルーツを探してみよう!~
9組:日本人の『死角』
10組:世界各国の教育システムについて
11組:他人へ言葉を伝える大切さ
12組:現代文明が抱える諸問題を考え