スクールライフ

自然災害時の対応について

台風、荒天時等における自宅学習・自宅待機等の措置について

  • 午前6時、あるいは登校時間帯に
    相模原市(学校所在地)あるいは各自の居住地域に
    ・「大雨・洪水・暴風警報」(3つの警報が同時に発令)
    ・「大雪・暴風警報」(2つの警報が同時に発令)
    のどちらかが発令されていた場合、自宅待機とする。

  • 午前9時までに
    相模原市(学校所在地)あるいは各自の居住地域の
    警報が解除された場合は安全に配慮し速やかに登校する。

  • 午前9時の段階で警報が継続されていた場合はその日は終日「自宅学習」とする。

付則事項

  • 「大雨・洪水」や「大雨」「洪水」「暴風」「大雪」のそれぞれの警報のみでは平常登校となります。その際は十分注意して登校してください。ただし、居住地域の天候や地元の交通機関の運行状況により安全面から登校が難しいと保護者が判断した場合は、学校へ連絡した上で自宅待機(自宅学習)とします。その際、保護者署名、捺印の届を後日提出してください。

  • 各交通機関(小田急、相鉄、田園都市線、JR横浜線等)の運行状況や気象状況を勘案し警報等が出ていない場合でも、学校長が自宅学習等の判断をすることがあります。その場合は「緊急お知らせメール」でご連絡いたします。
    また、継続して警報が出ている場合でも、各交通機関の運行状況や気象状況を勘案し登校させることがあります。(警報が継続発令中でも、天気が回復傾向にある場合や、すでに晴れている場合など)その場合は「緊急お知らせメール」で登校時間をご連絡いたします。

  • 登校中、登校後に「警報」が発令された場合は、学校で待機させ、以後の処置は学校長の判断とし、安全確保に必要な措置を講ずることとします。